2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「地球へ…」感想につきまして
とりあえず今週は忙しくて書けませんでした。もう今日は最終回の放送日なので、感想は来週、総括的にまとめてしようと思っています。
24話先行カットを見ても、どのようなラストになるのか予想はつかないのですが、キースとジョミーの対決シーンには竹宮先生の意見が取り入れられているらしいのでそこは期待してもいいかな。どちらにしても、ジョミーも含めて何人かの命は失われることになりそうですね。

23話については一つだけ。キースの「ミュウの発生についての疑問」がや~~~~っと出てきましたね。いや、これはもっともっと前に出しておくべきだったんじゃないかな。マツカの死で突然湧き上がった疑問ってことなのかしら。残念ながらエリートのキースがおまぬけにしか見えない……orz

で、今日は23話を観ていて何となく思ったこと。人類は地球の一角にへばりつくように暮らしているみたいですが、あの赤茶けた地球。どうみても他の生物が住んでいるようには見えませんね。植物、動物も含めて人間以外の地球の生物はあらかた滅亡している世界なのかな。

だとしたら、再生には気の遠くなるほど長い時間が必要なんじゃないでしょうか。何もない世界で人間にしてもミュウにしても暮らしていけるんでしょうか。地上には緑が生い茂り、生命に溢れた美しい地球をあそこまで破壊する人類は文字通り「地球の癌細胞」でしかないんでしょうか。
あのような未来が本当に訪れないことを祈るばかりです。

いずれにしても、今日は最終回。どうか私たちに希望を与える終わり方でありますように。
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。