2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「押入れの中」Bバージョン
こちらはラストのくだりを削ってしまったものです。少しストレートすぎるような気もするんですが。
☆印まではAバージョンと同じなので、その後からどうぞ。

「何処に逃げたって必ず見つけ出してやるから」
 腐った魚のような目を大きく見開いて、俺の部屋のベランダの下であの女は甲高い声で笑っている。
 嫌な汗をぐっしょりとかいて目を覚ました。よかった。夢だったのか。

 悪夢だと思った。ストーカーなんて言葉は俺には無縁だと思っていた。だいたい俺はイケメンでもなんでもない。何処にでもいる平平凡凡なフリーターだ。あの女と出会ったきっかけは些細なことだった。道ですれ違った時、腕がぶつかり、女がよろけて倒れそうになったので急いで身体を支えて謝った。それだけだ。薄汚れたワカメみたいに絡まった長い髪に腫れぼったい目をしたその女は、蜂蜜をねぶるみたいに舌で分厚い唇を舐めまわしながら俺を見てねっとりと笑った。
「何でもないです。ありがとう」
 そう言った途端、いきなり俺の手を握ってきた女の掌はベトベトと冷たくて、俺は急いで手を引っ込めて逃げるようにその場を離れた。後をつけてきた様子はなかったのだが、数日後、女はケーキの箱を持ってアパートの入り口で待っていた。
「あの、この間はありがとうございました。これはお礼です。受け取ってください」
 俺は断ったが、今にも泣きそうな顔になったので、軽く礼を言って箱を受け取った。それが間違いだった。
 部屋に入り、ケーキの箱を開けてみると、手作りなのだろうか、ぶかっこうなカステラに生クリームをぶちまけて真っ赤な苺を溢れんばかりに乗せたショートケーキが入っていた。でもその臭いは糞尿のようで当然、食べる気はしなくて、そのまま捨ててしまったが。
 女は次の日もアパートの前でケーキの箱を持って待っていた。さすがにその時にはこの女、かなりやばいんじゃないかと思った。
「あの、もうお礼はいただきましたから、これ以上は受け取れないです」
 出来るだけ穏やかにそう言うと、女を置き去りにしてアパートに逃げ込んだ。部屋に入ってしばらくすると、どすん、とドアを蹴ったような音がした。そして何かが這いまわるような音。いったい何だ? 数分後、恐る恐るドアを開けてみると外には誰もいなかったが、ドアにはぐちゃりと潰れたケーキの欠片がいくつも張り付き、蠅が飛び回っていた。その後、女の嫌がらせは連日のように続いた。直接声をかけてはこないが後をつけてくることもしばしばだった。家に帰ると郵便受けにケチャップが撒かれていたり、ドアの前に生ゴミが置かれ、悪臭を放っていたこともあった。ある日、郵便受けの中に入っていた封筒には俺のTシャツがびりびりに破られて入っていた。そして同封された便箋には真っ赤な字で『嫌がらせを止めて欲しければあたしと付き合って』。その震えるような字を見ているうちに手ががたがたと震えだした。この女は俺の部屋の中をかき回してこのTシャツを盗んだのだ。
 慌てて部屋に入ってクロゼットの引き出しを開けた瞬間、悲鳴をあげそうになった。しまっておいたシャツの全てに茶色い手形が付いていた。触って見るとネバネバするうえに吐き気のするような臭いがする。震える手でシャツをゴミ袋に放り込みながら考えた。一刻も早くこの状況から逃れないと危険だ。俺はアパートを引っ越すことにした。

 もともと荷物は多くはなかったから引っ越しは簡単だった。今のアパートは前のところから何駅も離れた場所にある。もう二度とあの女に会うことはないと思っていた。今度の部屋は二階で前の部屋よりもちょっと広くてなかなか快適だ。何よりもあの女から解放されたことが嬉しかった。だが、最近になってまたあいつが夢に出てくるようになったのだ。

 部屋にはもともと小さなクロゼットがひとつ置かれていた。白木のそれは不動産屋によると昔の住人が置いていったものらしい。引っ越して一週間ほど経った頃、コンビニに行こうと金を財布から出してジーンズのポケットに入れている時、百円玉を一つ落としてしまった。床を転がった百円玉はクロゼットの裏に入り込んでしまったが、壁の隙間が狭くて手が入らない。仕方がなくクロゼットをずらしてみると、壁に何かがあるのに気が付いた。今度は横にずらしてみる。そこには一メートル四方の小さな木の扉があった。押入れだろうか? それにしては小さいしどうしてこんなところにあるのか。俺はそっと扉の取っ手を引っ張って開けてみた。奥行きは二メートルくらいだろうか。何も入ってはいなかったが手を突っ込んでみると冷蔵庫の中のように冷たい。長い間閉じ込められていた空気に気分が悪くなり、扉を押して閉めた。ただの押し入れだ。でも何か心に引っかかるものがあった。はっと気が付いてアパートの外に出た。アパートの側面の壁には出っ張りは何もない。俺の部屋は一番端なのだ。だとしたら、あの押入れのスペースは何処に向って突き出しているのだろうか? 
部屋に戻り、押入れの空間を見つめていると黒光りしたゴキブリが一匹、中に這っていくのが見えた。虫は苦手なので思わず扉を閉めてしまった。しばらくは中でかさかさという音が聞こえていたが、やがて何も聞こえなくなった。ゆっくりと扉を開けてみるとそこにはやはりゴキブリがいた、が、まったく動かない。ボールペンでこわごわ突いてみると何だか妙に柔らかい。引き摺るように外に出してみるとそれは駄菓子屋で売っているようなゴムで出来たゴキブリの玩具だった。これはどういうことだ? さっきは何も入っていなかったはずだが。
 ひょっとしたら。
 俺は急いでペット・ショップへ行き、モルモットを一匹買ってくると押入れの中に入れた。数分後、中にはモルモットのぬいぐるみが入っていた。もう間違いない。この空間は生物を模型に変えてしまうのだ。これは、もしかしたら何かの役に立つかもしれない。だが、今はこのままにしておこう。とりあえずクロゼットを動かして扉を隠す。やっぱりこんな異空間が目の前に見えているのは何となく不安だった。
 やがてバイト先が見つかり、働き始めると押入れのことは心の片隅に追いやられてしまった。

 その日は一日中、耐えられないほどの暑さだった。バイトから戻ってくるとアパートの入口にあの女が立っていた。
 ぞっとした。いったいどうやって俺の居場所を探り当てたのか。またこいつに付きまとわれなければならないのだろうか。
 だとしたら方法は一つしかない。俺は女に声を掛けた。
「久しぶりだね。よかったら上がっていかない?」
 女は俺が拒絶する態度を取らなかったことに少々驚いているようだったが、俺の後からいそいそと階段を上って来た。
 部屋に入ると女は床に座り、嬉しそうに辺りを見回していた。
「いい部屋ねえ。あたしもここに引っ越してこようかな」
 そう言いながら見せる笑顔は発情した豚そっくりで吐き気がした。
「あたし、まだ名前を言っていなかったわね。サオリっていうのよ。亮哉くん」
 お前の名前なんて知りたくもないしどうでもいい。
「なあ、いいものを見せてやるよ」
 クロゼットを動かし、押入れの扉を開けてみせる。
「ここの中、ちょっと涼しいんだ。入ってみてよ」
「あたし、狭いところ苦手なの。でも亮哉くんが一緒ならいいわよ」
 ちょっと甘えたようなその声が、ずうずうしいその言い草が、媚を売るようなその目付きが神経を逆撫でした。吐き気が強くなり、頭痛がする。入らないのか。だったら無理にでも入れてやるさ。台所に置いてあったビニール紐を手に取り、ゆっくりと女に近付いた。

☆☆☆

動かなくなった女の身体を押入れに突っ込む。扉を閉めようとすると、突然女が目を開け、こちらを睨みつけてきた。女は口を大きく開けて気味の悪い呻き声を上げ、起き上がろうともがいている。慌てて扉を閉め、身体で扉を抑え込む。呻き声はすぐに聞こえなくなった。動悸の止まらない心臓を鎮めようとコーヒーを啜る。大丈夫だ。絶対、大丈夫だ。
 やがて、扉を開けてみると中には服を着て首にきつく紐を巻いたマネキン人形が入っていた。生きている時に不格好だった体型はマネキンらしくスリムになっていたし、顔だって数倍ましだ。こいつは俺に感謝すべきじゃないのか。俺はマネキンの手足を外してバラバラにしようとしたが、しっかりと組み込まれたそれはどうしても外すことが出来ない。仕方がない。夜が明けたらこいつの始末の仕方を考えよう。

 翌日、バイトを休んでレンタカーを借りてきた。夜中になるまで待って服を脱がせたマネキンを車に乗せ、少し遠くにある廃材置き場に捨てに行った。どんよりと曇った夜空の下、積み上げられた廃材の間に無言で横たわる裸のマネキンはなんともシュールだ。俺はマネキンの身体を思い切り蹴飛ばすとその場を離れた。完璧だ。これ以上の完全犯罪はない。そうだ、これを商売にしたらどうだろう。もっとも死体の始末屋なんてどうやって広告を出すのか見当もつかないが。服と靴とバッグは帰り道の途中にある林の奥に埋めてきた。もちろん、身分を証明するものは後で焼き捨てるつもりで取り出しておいた。

 部屋に戻ると自然に笑みがもれてきた。あの押入れはきっと俺を気の毒に思った神様からの贈り物に違いない。やがて雨粒が窓ガラスを激しく叩き始めた。一時間ぐらい、ぼうっとテレビを眺めていた。そういえば何も食っていない。カップラーメンを取り出し、水の入ったヤカンを火にかけようとしてうっかり下に落としてしまった。派手な音をたてて落ちたヤカンから水が流れ出し、キッチンの床を見る見るうちに濡らしていく。慌てて拾い上げた時、足元で何かがごそごそと歩き回っているのに気が付いた。モルモットのぬいぐるみだ。いや、濡れたその姿は間違いなく「生きた」モルモットだ。

 いったいどうして……水か。水がかかったから元に戻ったのか。
 ……雨。 雨……? 
 外は雨だ。こいつはやばいかもしれない。心臓が早鐘を打ち始める。
 もしかしたら……いや、ありえない。そんなことはありえない!
 いや……何かが階段を昇ってくる。びちゃびちゃと湿った足音が聞こえてくる。逃げなくちゃ。もう、足音は、すぐそこまで来ている。嫌だ。嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ! 
  
 こっ、ち、へ、く、る、な!

 

<END>

スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。