2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「十二歳の夏に」その1です
まだ全部は書きあがってはいないのですが、前半部をアップします。
レイの十二歳の頃の物語です。


「十二歳の夏に」

 十二歳の夏は特別だ。子供が子供として扱われる最後の夏。
 
 1959年。その夏、レイと母親のアメリアはブルーバード・タウンという町で暮らしていた。夏休みに入ってから町の食料品店に母親と共に働き始めたレイは、自分を取り囲む「匂い」が以前よりきつくなっていることに気付いていた。ジャガイモや玉ねぎや、ヌガーの入ったチョコレートの匂い、店に入ってくる様々な客達の様々な匂い。他の人達もこんなに敏感なのだろうか。時折、意味もなく身体の中心が燃えるように熱くなることがあるのも、子供が子供でなくなる兆しの一つなのだろうか。レイはそのことを母に尋ねようかと考えたが、何故か聞くこと自体がタブーであるような気がしていた。
 そんなある日、くたびれた革のジャンバーを羽織った屈強な若い男が店に入ってきた。背中にはショットガンを背負っている。レイはモップを持って店の床を拭いていたが、ドアが開いた途端に漂ってきた血の匂いに驚いて顔を上げた。
 男は缶詰をいくつか取って店のレジに置いた。レイの母は少し緊張した面もちで男から金を受け取っている。
「ありがとうございました」
 この人、人を殺してきたんだろうか? 男が前を通り過ぎようとした瞬間、手が震え、レイはモップを男の目の前に倒してしまった。
「す、すみません!」
 急いでモップを拾い上げたレイは男が立ち止って自分の顔をじっと見ているのに気が付いた。
「いや。いいよ。すまなかったな、脅かして。俺はヴァンパイア・ハンターでね。昨日、他の町で一人やっつけてきたばかりなんだ。どうも俺は無意識に殺気みたいなものを放ってるらしくてさ。小さい子は顔を見ただけで泣きだしたりするんだ」
「そう……ですか」
 闇のように黒く、ぼさぼさと伸びた髪。薄い唇にがっしりとした高い鼻。そして切れ長の目に宿る赤茶色の瞳はまるでヴァンパイアの血を吸いこんだかのように怪しげだ。だが、その表情や声は実に穏やかだった。男の持っているバッグは財布を出す為にジッパーを開けたままの状態だった。
「そのバッグの中には何が入ってるんですか?」
 何だか判らないが危険な気配がする。知りたかった。いや、知らなければならないと思った。
「見たいか?」
 男はバッグの中から木の棒を取り出した。その瞬間、レイは強烈な眩暈を感じた。
「……どうした? お嬢さん。顔色が悪いぞ」
「どうしたの? レイ」
レジカウンターにいたアメリアが心配そうな顔でレイを見ている。
「いえ、俺、男です」
「え? ああ、すまなかった。綺麗な金髪だからてっきり女の子かと」
 レイは肩まで伸ばしたまっすぐな金の髪と優しげな顔立ちのせいでよく女の子に間違えられていた。
「あ、あの……それって」
「ああ、これはトネリコの杭だよ。ヴァンパイアの命はこれを打たない限り絶つことが出来ないんだ」
「大丈夫? レイ。すみません、この子、よく貧血を起こすんです」
 いつの間にかレイの脇に来ていた母がレイを抱えるようにしてレジのほうに連れて行った。
「すみません。少し休ませますので」
「ああ、それがいいな。それじゃ」
男はちょっと戸惑ったように二人の様子を見ていたが、やがて店の外へ出て行った。

 七月一日はレイの十二歳の誕生日だった。レイの母はその日、チェリーパイを焼いてお祝いしてくれた。 
 白い皿に乗せたパイをアメリアが切り分け、小皿に乗せるのを、レイは嬉しそうに眺めている。
 透き通る白い肌にペールブルーの瞳、長く艶やかな金髪。アメリアの美しさはレイの友人の間でも評判だった。
「おめでとう、レイ。ごめんなさいね。プレゼントはまだ買っていないの」
「いいよ、母さん。俺、パイだけで十分嬉しいよ」
 レイは母親譲りの青い瞳を輝かせて微笑む。口に頬張ったチェリーパイはまだ温かく、甘くて優しい味がした。
「うわあ、美味しい!」
「そう、よかった」
 お気に入りの白い花柄のワンピースを着たアメリアはレイの前に座ると、目を伏せ、ふっと軽く溜息をついた。
「ねえ、レイ。あなたは十二歳になったのよ。これからは今までと違っていろいろあるかもしれないけれど、何があっても自分の運命から逃げようとしないで」
 レイはいつもと違うアメリアの口調に気付いた。
「ねえ、それって、その……一人前の男になるってこと?」
 レイは母が精通のことを言っているのだと思った。もちろん、友人からそういうことについては情報を得ていた。
「ええ、まあ。そういうことね」
「大丈夫だよ。皆、同じなんだから」
 だが、アメリアは少し悲しそうな顔で微笑んだだけだった。
「それから、最近、匂いに敏感になってきたでしょう? レイ」
「うん。ねえ、それも大人になることと関係あるの?」
 レイは一番聞きたかったことを母のほうから持ちかけてくれたことに少しほっとした。
「ええ。でもね、レイ。このことは誰にも気付かれちゃ駄目よ。例え相手が友達であってもね」
「え……どうして?」
「危険なのよ。あなたの命が危なくなるの」
「それってどういう意味?」
 アメリアはテーブル越しに両手を伸ばしてレイの左手をそっと握った。
「今に判るわ。とにかく、今は私の言うことを聞いてちょうだい、いいわね」
 レイはそれ以上は聞かなかった。母は昔からそうだった。理由を問いただそうとすると話を終わらせてしまう。それ以上は何を聞いても無駄だった。

――母さんは何を隠してるんだろう。でも、しつこく聞くことは母さんを苦しめることになるんじゃないだろうか。だったら……そんなことは知らなくたっていい。

「判ったよ、母さん」
 レイは二個目のパイに手を伸ばした。

 それから一カ月ほど過ぎた八月の初め、無地のグリーンの半袖シャツを着たレイは木陰にある公園のベンチで友人二人を待っていた。クラスメイトのテリーとジャッキーはレイがこの町に引っ越して以来の友人だ。テリーは活発で、スポーツ万能。だが、将来の夢はスポーツ選手ではなく、ヴァンパイア・ハンターだった。ジャッキーは背が高く、クールな性格で、成績もトップクラスだった。
 日差しの強い真昼の公園は行きかう人もまばらだ。目の前にある広場の池の噴水から勢いよく水が噴き出して、少しひんやりとした風を運んできた。
 レイはあまり暑さを感じない。汗もほとんど掻かない。それが普通ではないこと自体、彼自身が気付くはずもなかった。
 二人が近付いてきていることをレイは視覚よりも嗅覚で感知した。人にはそれぞれ固有の匂いがある。だが、今日の匂いは少し違う。テリーのほうだ。

「大丈夫か、テリー」
「ああ、なんてことねえさ、こんな怪我」
 茶色い巻き毛のテリーはそばかすだらけの顔を歪めて片腕を押さえていた。青いチェックの半袖シャツから覗いた右の二の腕には数本の切り傷が出来ていてそこから血が流れ出ている。
 白い開襟シャツにさらりとしたアッシュ・ブロンドのジャッキーは彼の横から心配そうに傷口を覗きこんでいる。
「どうしたんだよ、テリー。怪我してるじゃないか!」
「いや、猫が車に轢かれそうになってさ。こいつ、飛び出して猫を助けたはいけれど、見事に引っかかれたってわけ」
 テリーは犬や猫に対してはとても優しい。だから、クラスの女の子達からの人気も高かった。
「なるほど。お前らしいな、テリー。でも、その傷は酷いな。早く消毒したほうが……」
 レイはそう言いながら目の前までやってきたテリーの傷口を見た。その途端、例えようもないほど妙な感情が湧きあがってきた。傷口から漂ってくる新鮮な、甘い、美味そうな血の匂い。

――あの傷口にむしゃぶりついて血を啜りたい。

 瞬きもせず傷口を見つめながら、ゆっくりと立ち上がり、舌なめずりをする。
「……おい、どうした、レイ。具合でも悪いのか?」
 レイはその言葉で我に返った。ジャッキーは少し不審そうな目で彼を見ている。
「ああ、暑いから、ちょっと気分が悪くなっただけだよ」
 だが、一番、自分の感情の変化に驚いたのはレイ自身だった。いったい今のは何だったのだろう?
「そうなのか? なんかご馳走を見つけた犬みたいな顔になってたぞ」

――犬? いや、血がご馳走に思えたなんて、まるで……

「とにかく、早く診療所に行こう」
 レイは不安を振り払うように頭を振ると、ベンチを守っていた樹木の影から強い日差しの中へと歩み出た。

 三十分後、しょっちゅう怪我をしているテリーの行きつけの診療所で消毒を済ませると、三人は住宅街の外れにある古ぼけた一軒家に向かって歩き出した。
「そういえば、今日は誰の家に行くの? テリー」
「そうだな、僕も聞いてないけど、君の知り合いなのか?」
 ジャッキーもまた、今日の訪問先について聞いていなかったようだ。
「ああ。あそこにさ、凄腕のヴァンパイア・ハンターが住んでるんだ。だから、話を聞かせてもらおうと思ってさ」
「君、行くって言ってあるのか?」
「いや。まあ、行ってみりゃ何とかなるさ」
 テリーはジャッキーの顔を見てにやりと笑った。
 
――ひょっとして、あのハンターのことだろうか。

 レイはあの男に再び会うことが少し怖かった。でも、彼自身もヴァンパイア・ハンターには憧れを抱いていた。話を聞いてみるのも面白いかもしれない。

「おい、本当にここに住んでるのか? 凄腕のヴァンパイア・ハンターとかいう奴は」
 ジャッキーは髪を掻きあげながら落ち着かない様子で、薄汚れた木のドアを見つめている。
「ほんとだよ。俺、バーに勤めてる兄貴に聞いたんだから間違いないよ。このところ毎日呑みにきてるらしいぜ」
 テリーはレイの肩をぽん、と叩いてこう言った。
「なあ、レイ。お前、ノックしてみろよ」
「え、どうして俺なんだよ」
「ほら、お前って人当たりがいいしさあ、まあ、とにかくこんなところでうろうろしてたら、まず……!」
「うわっ!」
 いきなりドアが開き、酒臭い仏頂面が顔を覗かせた。
「何だ、お前らは?」
 男はそう言いながら、射抜くような鋭い眼差しでレイ達を睨みつけてきた。

――やっぱりあの男だ。

「ああ、誰かと思ったら、あの店のバイトか。レイ、だったっけ。もう身体は大丈夫か?」
「ええ」
「何だ、知り合いかよ、レイ」
 テリーがちょっと不満そうな顔でレイを見た。
「うん、まあ……」
「で、何の用だ?」
「あ、あの、その……俺達、ハンターに憧れていて、それで、ぜひお話を聞きたいと思いまして」
「お話? 俺はコメディアンじゃねえし、面白え話なんか何にも出来ねえけどな。でも……まあ、いいか。暇だしな。入れよ」

スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

SSFCが落ち着いたら
新作、SSFCが落ち着いたら、じっくり楽しませてもらいます。
この短期間、しかも〆切のある原稿を抱えながら、新作が書けるとは。
脱帽です。


ありがとうございます
先ほど、投稿を済ませました。江沢さんの作品が楽しみです(匿名ですが)

いやいやいや。単にいい加減なだけです。というより、試験が近付くと無性にマンガが読みたくなる、あの心境です(なんのこっちゃ)
初めてのFC、楽しんでくださいね!

「十二歳~」のほうはまだ連載中なので、いつでも結構です。いつもありがとうございます^^


リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。