スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地球へ…」第10話

2007/06/11 18:58:05 | 地球へ… | コメント:0件

今回はナスカ編に繋がるアニメオリジナル・エピソードでした。
時はキースのシロエ処刑(^^;)の8年後。冒頭からミュウの船、シャングリラは地球側の戦艦の追撃を受け、あわやというところで船長ハーレイの決断でワープして窮地を脱します。この間、ジョミーはなんと(8年前の人間への呼びかけ失敗のショックで)引篭り状態でブリッジには現れません。

一方、ジャーナリストとなったスウェナは「宇宙鯨」(ミュウの船の一般的呼び名。幻の船として伝説になっている)のことを調べるうちに自分達のいたステーションE-1077の閉鎖を知り、シロエの遺品のピーターパンの絵本を手に入れる。原作ではちょい役の彼女、アニメでは重要なキャラになってきました。

ジョミーは成長したミュウの子供達の言葉を聞き、昔のように自然な形で子供を産むことを提案し、「地球」を目指すことを止めてフィシスの占いに従って赤い星、ナスカに降り立つ決意をする。

ジョミー、成長してました。原作では14歳の姿のままでしたが、アニメでは自然に成長して青年になっています。ハーレイの航海日誌の形でのストーリーの進め方も分かりやすかったです。ジョミーがシロエの死の瞬間の「思い」を感じ取る原作でのシーンが出てきたのは嬉しかったです。

ナスカはジルベスター系の星だそうです。短編「ジルベスターの星から」は私が竹宮さんの漫画に惚れた最初の作品でした。当時、リルケの詩集まで買ったことは内緒です。今回はやはり昔の短編「集まる日」の結惟(ユウイ)がカリナの恋人として登場。個人的には「オルフェの遺言」の終笛(オルフェ)くんも出して欲しいなあ。
来週はいよいよトォニイが登場しそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marple2007.blog108.fc2.com/tb.php/3-77ac5486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 地球へ… 第10話 「逃れの星」

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】シャングリラは銀河をさまよっていた。アルタメシアを去って十二年、様々な恒星を巡ってきたが、未だ地球を発見するには至らず、クルー達の肉体的精神的疲労は極限に達していた。そして、先の指導者ソルジャーブルーも未だ目覚めず....
  1. 2007/06/15(金) 12:42:07 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。