スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ターミネーター4」

2009/11/30 15:41:12 | 映画 | コメント:2件

初めに。
拙作「TRAP OR TREAT」の簡易感想にポチしてくださった方、ありがとうございました。
読んでいただけていると思うと大変励みになります^^

ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/11/20)
クリスチャン・ベイルサム・ワーシントン

商品詳細を見る


DVDが発売になったのでさっそく借りてきました。
(以下、ネタばれあります)

時は2018年。核戦争で荒廃した世界は、人工知能搭載のスーパーコンピューター“スカイネット”に支配されていた。生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに備えていた。部隊のリーダーであるジョン・コナーは、“スカイネット”がやがて自分の父親となるカイル・リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく生き抜く少年カイルは、核戦争のことも、今が何年かさえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。
<あらすじはgoo映画より>

物語は死刑囚のマーカスが科学者の女性と契約し、死刑執行(?)されるところから始まります。
機械の身体に人間の脳と心臓を持つマーカスの話を中心にして話は進みますが、今回のストーリーはわりと単純だったかな。何となく先が読めてしまいます。
人間の心を持ったマーカスは途中で出会った女戦士ブレアと出会い、恋に落ちます。この後、コナーに捕えられて初めて自分の正体に気付くわけですが、このへんは辛い話ですね。

機械軍に捕えられたカイルを救うため、マーカスとジョン・コナーはスカイネットに潜入しますが……。

ラストのあのオチ、ああ、その為にマーカスには心臓が残ってたのね~と思ってなんだか複雑な気持ち。マーカス、なかなかいいキャラなのに(途中まで利用されてたとしてもね)。結局はジョン・コナーを救うためにだけ登場したんですね。まあ、本人は満足そうだからそれはそれでいいのかもしれないけれど。

今回は色々なタイプのターミネーターが登場しますが、水の中にいたウミヘビタイプの奴。ああいうのいっちばん嫌ですねえ。なんか動きがウネウネしてて気持ち悪いです。
それから、観てて思ったのですが、コナーとマーカス。髪型同じだしよく似てるんです。どちらかといえばコナーが面長でマーカスががっちりタイプなんですけど動いてるとどっちがどっちか判らなくて何回か巻きもどしてみたり。紛らわしいからどっちか長髪とかにしてくれればいいのにね。

話としては面白かったです。核爆発でヘリが吹っ飛ばされないとかいろいろツッコミどころはありますけれど。後は、ターミネーターを感知する? という少女、スターの能力が判りにくかったです。もっと判りやすい超能力を持ってればよかったのにねえ。


スポンサーサイト

コメント

劇場で観ました

2009/12/07(月) 00:31:02 | URL | esawa #WBzB2vvg
「ターミネーター4」、劇場で観たのですが、イマイチ消化できなかった部分もあり、レンタルでもう一度、観てみようかと思います。
マーカスに「アレ」が残っていた理由も、まあぷるさんの指摘で初めて気がつきました。

江沢さん、どうも^^

2009/12/07(月) 20:36:22 | URL | まあぷる #qV.jgTTQ
江沢さんは映画館でご覧になったんですね。
特に洋画の場合は消化不良になる場合、多いですよね。
マーカスは主役を食う演技でとても印象に残りましたよね。その分、ジョン・コナーという人物にはカリスマ性は感じられませんでした。
人類の救世主ならそれらしいオーラが欲しかったかなあと。「アレ」は最初から残す必要もないような気がしてたんですが、ああ、やっぱりという感じでした。ラストでマーカスの提案に誰も反対しないことにもびっくり。冷たすぎますよ、皆さん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。