スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何となく嫌な天気です

2009/06/03 12:48:17 | その他もろもろ | コメント:0件

初めに。過去記事に拍手をいただいております。ありがとうございます。励みにさせていただきます。

また小説を書き始めようかなと思ってます。たぶん、「デビィ&レイ」シリーズになると思いますが、実際のところ、このシリーズの需要があるのかどうかよく判りません。まあ、それでも書きますけどね。書きたいから^^
自己満足バンザイってとこですね^^
で、最近読んだ漫画をひとつ。


町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックス)町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックス)
(2007/12)
岩本 ナオ

商品詳細を見る



町の神様である天狗と人間のお母さんの娘、秋姫はちょっと怪力で妖怪が見えること以外はいたって普通の女の子。クラスメイトのイケメン、タケル君に片思い中。
天狗のお父さんには山に来て修行して天狗になるように言われているのだが、もちろん、それは断固として拒絶しています。だって女の子なのに天狗って嫌だよねえ。
幼馴染で山で天狗になるために修行中の次郎坊(榎本瞬)はぶっきらぼうながらも陰で彼女を見守っています。

彼らは揃って隣町の高校に入学し、様々な経験を経て成長していきます。
妖怪もの、と思いきやほのぼの青春ストーリー。特に大きな事件もないのですが、なんとなく先が読みたくなります。

「夏目友人帳」と違うところは秋姫の町の人たちがみんな彼女の存在を当たり前として受け入れているところ。娘のことを思ってるのに、なんとなく距離を置かれていて拗ねる天狗のお父さんが可愛いです。対して喋るキツネやタヌキくんがリアルな描き方で可愛いすぎないところもいい感じ。現在3巻まで出ていますので、とりあえず読んでみたいと思ってます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。