2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「ルーヴル美術館展」行ってきました
行ったのは土曜日です。よく晴れ渡って暑いくらいの陽気でした。
入館まで60分待ち。
しっかり並んで待ってました。


ルーブル


やっぱり本物を鑑賞するのはいいですねえ。娘は途中で飽きちゃったみたいですが、私はどうせなので時間の許す限りじっくり鑑賞させていただきました。
新婚旅行の時、訪問予定だったルーヴル美術館が従業員のストで観れなかったので、リベンジの意味も込めて。どの絵も素晴らしいんですがフェルメールの「レースを編む女」と同じくらい人気があったのはジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「大工ヨセフ」。あの光と影の絶妙な描き方、絵に込められた暗示的なドラマは日本人好みのものだなあと思います。

これから行く方には音声ガイド機を借りられることをお勧めします。解説は中尾彬さん。渋い声で20点ほどの絵画の解説をしてくれます。ちなみにうちは三台借りましたよ。


ついでと言ってはなんですが、最近買った夏目グッズです^^;

200905261127000.jpg

ニャンコ先生、やっぱりぷりちーです。しかし夏目のグッズはほとんどニャンコ先生なんですよね。たまには他のキャラも出してほしいなあ。ちびキャラの夏目とか名取とか。あ、ちなみにこれは私が使います^^;
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

いいですねぇ
私も行きたいです。ルーブル。
美術館の非日常な感じがとても好きですがあまり行けていないので。
今年こそは行きたいです。


ほんと、いいですねぇ
私も行こうかな、と思っているのです。
美術のことはよくわからないのですが、
わからないなりに刺激は受けますので。
以前は、恵比寿の美術館(東京都写真美術館?)などに、時折、行ってはいたのですが。


>たかみやさん
ルーブル展、ちょっと混雑はしていますが、日常から離れて絵を眺めるって言うのはいいものですよね。6月14日(土)まで開催されていますので、ぜひ期間中に行ってみてください。


>ezawa さん
私も美術のことはよくわかりません。でも、絵から受け取るものはそれぞれ違うし、得るところも大きいです。ぜひ行ってみてください。
東京都写真美術館は行ったことがないんです。いつか行ってみようかな。


リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。