スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた「黒執事」など

2009/04/14 15:25:07 | アニメいろいろ | コメント:0件

「黒執事」全24話を全て観終わりました。
いや、結構面白かったですよ。
ただ、原作が連載中なので、ラストに至るまでの話にちょっと無理やり感があったんですけどね。父母を殺した人物の正体とか、「虐殺の天使」の所業の無茶苦茶さとか、原作では健在なキャラがいきなり裏切って殺されたりとか。まあ、アニメはアニメ、原作は原作と割り切ればいいことなんですけどね。

どちらかというと原作よりホラーテイストが強くて、その点は気に入ってます。オリジナルの回も出来が良かったし。
何より執事で悪魔である主人公、セバスチャンが最後までしっかりと悪魔であったのはある意味凄いと思いました。
情けとか感情といったものは彼の辞書にはない。
契約者の「美味しい」魂を奪うことだけが彼の目的で、ラストはきっちりとそれを実行に移す。ストレートで捻りがないですが、この場合はこれが正解なんでしょうね。

黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)
(2007/02/27)
枢 やな

商品詳細を見る


原作は現在6巻まで。こちらはこちらでコミカルな部分もあって、現在進行中のサーカス編も面白いので7巻目以降も購入予定です。
そうそう。アニメでは登場しなかったんですがシエルの許婚、エリザベスの母であるミッドフォード侯爵夫人が素晴らしくいいキャラで気に入ってます。再登場してくれないかなあ。

今期は面白そうなアニメがありません。本でも読みますか(^^)
サーカス編を読んでたらブラッドベリの「何かが道をやってくる」が無性に読みたくなりました。カーニバル、回転木馬、父と子、そして少年達の友情の物語。今読んでもあの純粋でキラキラとした感性は伝わってくるんだろうか? そういえばこの物語、悪魔との戦いの話です(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。