2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「容疑者Xの献身」を観ました
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
(2009/03/18)
福山雅治柴咲コウ

商品詳細を見る


ようやくDVDが出ましたのでさっそく借りてきました。

<以下、ネタばれあります>
内容としてはずいぶん省略されたところがありますが、ほぼ原作通り。
堤真一の素晴らしい演技で、石神という人物に原作以上に血肉が通ったのではないでしょうか。
原作の石神はけっしてハンサムではないのですが、堤真一の演技はそれを補って余りあるものだったと思います。一度は死にかけた自分が隣の親子と出会うことでそれを唯一の生きがいとして生きることができた。だからこそ、彼は自分の人生を投げ出してまで親子を守ろうとしたんでしょう。
でも、やっぱり彼の行為が許しがたいものである印象は拭えませんでした。
ダンカンの役どころはちょっとイメージが違う、という声もあるようですが、誠実そうな態度に安心感があり、彼なら靖子が刑期を終えるまで待っててくれるんじゃないかという気もしました。でもそうなると石神が可哀想ですが、彼が刑期を終えて靖子と……というのはちょっと想像がつかない。どうなんだろう^^;?

ラストの石神の号泣は胸に迫ってくるものがありましたし、ひさびさに湯川先生と内海刑事に会えましたのでそれだけで満足です。

そういえば前半に何度か出てくるベンチがしっかり伏線になってますが、これは原作を読んでない人は気づいたでしょうか? ちょっと気になります。

そうそう。昨日は劇場版「相棒」をテレビで観ましたが、宣伝ほどのサスペンスは皆無。犯人の動機は判りますが、やり方は何だか支離滅裂だし、マラソン大会ははっきりいっていらない感じ。
犯人告白のあともだらだら長すぎて、これは久々の駄作だと思いました。
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。