2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「容疑者Xの献身」を読みました
容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


今頃になってようやく原作を読み終えましたので、軽く感想を。

<天才数学者でありながら、様々な事情から数学者への道を諦め、不遇な日々を送っていた高校教師の石神は隣の部屋に一人娘と暮らす靖子に秘かな思いを寄せていた。ある日、靖子たちは暴力的で金にだらしない前夫に居所を突き止められ、部屋の中で殺害してしまう。
石神は二人を救う為、その天才的な頭脳を屈指した完全な隠ぺい工作を企て、実行する。だが、かつての親友だった湯川が草薙を通じてこの事件に関わるようになる>

正直言って途中までは、この事件がごく平凡な犯罪に見えたのですが、捜査が進んでいくほど靖子のアリバイが確実になっていくことに、石神がどういうトリックを用いたのかさっぱり判りませんでした。ラスト直前、湯川が暴いたトリックは予想を超えたものですっかり騙されてしまいました。そういう意味では上質のミステリとして大変楽しめました。

これはまさしく容疑者Xである石神の靖子に対する一方的で献身的な愛情に基づいたものだったので、最終的に彼が取った行動も含めて、恐らくは完全に靖子たちを守りきれるものだったのでしょう。
しかしながら運命は残酷で、そればかりは石神自身の予想の範囲を超えてしまいましたね。

ただ、石神の靖子たちに対する異常なまでに献身的な愛が生まれたきっかけはラストのほうでほんの数行で触れられているだけなんですね。あの辺りをもう少し詳しく、丁寧に描いてもらえたら、石神の気持ちをもう少し理解できたかなあと。ちょっと唐突な感じがしました。

全体を通しての感想としては、優れたミステリではあるが、純粋で献身的な愛を描いた感動作と言うにはちょっと語弊があるのではないかと。読者によって評価の分かれるところでしょうが、私は石神の取った行動が極端に利己的で、素直に共感することが出来ませんでした。
また東野氏の文章は余計な飾りがない分、簡潔で、判りやすく読みやすいのですが、その為に場面があっさりと流れていってしまうことがあり、ラストも残念ながら涙腺を刺激するまでには至りませんでした。
映画は未見ですが、これはむしろ映画のほうが泣けるんじゃないかと思います。DVDの発売が楽しみです。
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

ひと月以上前の記事になっちゃいますが、いまさらコメントを……。

(ネタばれあり)

石神の靖子への献身は、確かにエゴにも見えます。石神の計画通りにすべていったとしても、靖子は結局、石神に罪をなすりつけてしまったという罪悪感を背負って生きていくことになるわけです。そのことを石神が考えていなかったのだとすると、単なる自己満足と言われてもしかたがないのかもしれない。
でも、僕がとにかく感動したのは、石神の靖子に対する無償の愛なんです。
普通は好きな人のために何かをしたら、そのことを相手に知ってほしい、そのことを認めてほしいって、どうしても思っちゃいます。
でも石神の場合は違った。そのために払った犠牲とか愛情そのものを、相手に知られないことが、彼の愛だったんです。
自ら殺人を犯し、人生を棒に振って、さらにストーカーの汚名を被ってなお、自分がその人のためにどこまでのことをしたのかという事実を知られないことを望んだ石神の愛に感動したんですよね。自分にできるだろうかと考えると、たぶん無理です(^^;)。
だから最後、湯川がそのことを靖子に伝えるシーンは本当に涙が出そうになりました。湯川もそれが石神の望んでいることではないと知りつつ、言わなければ自分自身が耐えられなかったんでしょう。だから、あれは湯川のエゴだし、石神の献身を靖子に知ってほしいと思う読者、あるいは作者のエゴの表れなんだろうなと思います。

DVD、原作を読んでいても十分楽しめると思うので、販売やレンタルが開始されたらぜひご覧ください。


八雲さん、どうも~^^
レスが遅くなりました。ごめんなさい。
なるほど、確かに八雲さんのおっっしゃるとおり、自分をとことんまで貶めても靖子には知られまいとしていた石神の無償の愛は凄いものがありますね。
湯川もそれを知っていながら、靖子に伝えないわけにはいかなかったんでしょう。彼も辛かったと思います。

ただ、石神がその為に何の関係もない他者を殺してしまったことに、やはり許せないものを感じてしまうんですよね。

でも、八雲さんの解説で、この作品が「究極の愛」というものを描いていたということに気付かされました。例え、極端に歪んだ形になっていたとしても、ここまで深い愛を描いた作品というのは珍しいかもしれませんね。

ありがとうございました^^


リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。