2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「DEATH NOTE」第37話 「新世界」
3クール続いたデスノートもいよいよ最終回。Lの死の回を観た時から、ラストを変えてくるんじゃないかという予感はあったんですが、やっぱりでしたね。賛否両論はあるでしょうが、私はとてもいい終わり方だったと思います。
*以下ネタばれにつき、ご注意下さい。







魅上が最初の名前をノートに書いてから40秒。誇らしげに勝ちを宣言した月でしたが、結局誰も死にませんでした。ニアがジョバンニを使って本物のノートをすり替えていたんですね。ここは魅上の良かれと思って行ったことが完全に裏目に出たわけですが、それにしても「高田が焼身自殺」と月と魅上が同じことを書いたのは偶然すぎかなあ。もし書いた死因が違っていたら魅上は「書いたことと違う」ことに気がついただろうし(だって、証拠さえ焼いてしまえば、どんな死に方でも構わないわけじゃないですか)、そうなると展開も違ってきたかもしれないですしね。私は「ジョバンニが一晩で……」よりもそこが気になってしまいました。

それにしても月の表情、声優さんの上手さで際立っていました。いつも思うことですが、本当に声優さんの人選は大事ですね(「きらりんレヴォリューション」を観るたびに思うことでもありますが……)。
月が開き直り、松田が月を撃つところまでは原作どおりでしたが、ここからがアニメオリジナル展開。

持っていたペンで自らの心臓を一突きにし、大量に血を吹きながら死んでいく魅上。倉庫のドアを開けて出て行く月。ニアは放っておいても死ぬからと追っていこうとする相沢を止めますが、「指図は受けない」と後を追う相沢達。ここの相沢がかっこよかったです。

夕陽に照らされた工場跡地(?)を必死で歩いていく月の横をまだ何も知らなかった普通の高校生の頃の月が擦れ違っていく。月の心に去来するものは何だったのか。何処かの建物の屋上に佇むゴスロリ衣装のミサは自殺を匂わせていました。リュークは鉄塔の上で月を見送り、ノートに月の名前を書く。ここは原作よりずっと人情味(?)のあるリュークになってました。廃工場の階段で倒れ、夕陽に照らされた月はまるで迎えに来たようなLの幻影を見ながら静かに目を閉じます。この時の表情の穏やかなこと。
作画も演出も素晴らしい出来でした。

本当なら月の今までしてきたことを考えれば原作どおりの惨めな死に方をさせるべきなのかもしれないです。でも、「極悪人を裁きたい」という気持ちは誰でも持っていること。反省すらない残虐非道な殺人犯が大勢の弁護士に守られているところを観るたびに感じる憤り。
もし「デスノート」が手に入ったら、試してみたいという誘惑をはね返すことが出来るでしょうか?
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

品質評価 53 / 萌え評価 9 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 30 / お色気評価 2 / 総合評価 26レビュー数 43 件 魅上が、倉庫内にいる人物の名前をデスノートに記入してから一分が経過―。誰も死なないことを確認したニアは、レスター、ジェバンニらに命じて魅
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。