2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「ROMAN ALBUM 電脳コイル」購入しました
電脳コイル (ロマンアルバム)電脳コイル (ロマンアルバム)
(2008/03)
不明

商品詳細を見る


ファン待望の大型本がついに発売になりました。(発行:徳間書店)
キャラクターファイル、全話ストーリーガイド、設定資料ファイル、メイキングオブ「電脳コイル」、アートオブ「電脳コイル」の5章で構成されています。カバー絵は井上俊之さん書下ろし。カバーの下にその原画が隠されているところが遊び心に溢れています。

第4章の磯光雄監督、作画チーフの井上俊之さんをはじめとするスタッフや声優さんへのインタビューが大変興味深いです。この作品の最初のアイディアは女の子が主人公の電脳版「ゲゲゲの鬼太郎」だったとか、最初の企画書(6年かかったそうです)のヤサコとイサコのイメージの違いとか。
とにかく各スタッフの方々のこの作品に対する思い入れが凄い。いい作品と言うのはこういうところから違うんだなあと実感させられます。

キーワード辞典はとにかく特殊な用語の多いこの作品では鑑賞の手助けになります。
「古い空間」「コイルドメイン」「アッチ」が違うものだということも初めて知りました。だって、見ていても判らないんだもん(泣

原画コレクションはとにかくその丁寧な表現と動きが素晴らしいし、美術ボードコレクションも美しい。
とにかく、この一冊でコイルの世界にどっぷりと浸ることが出来ます。

価格が2000円と高価ですが、コイルファンは必携の一冊です。
ただし、ストーリーは完全にネタばれしているので、全話見終わってからの購入をお勧め致します。
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

欲しいかも
ほ~~~、なかなか良さそうな本ですね。テレビ録画が飛び飛びになってしまっているので、買おうかな……。
見損なった部分だけ、読んでも大丈夫ですよね?


どもども^^
大丈夫ですよ^^
ただ、ラストのほうは見ないほうが楽しめますが、見てしまっても余計見たくなること請け合いですので、支障はないかも知れません。
出来れば全話終わった後からでもDVDで見損なった回を見ていただきたいです。
何度見ても楽しめるのがこの作品の魅力なんですよ^^

それからこの本はこの手のアニメアルバムの中でも内容が充実していて読み応えがありますので、お勧めです^^


リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。