2009/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
SSFC-RT、投票終わりました
二作はすぐに決まったんですが、後の一作で悩みました。
感想はあと一作で終わりです。


スポンサーサイト


 
「B.B.Joker」
「夏目友人帳」がきっかけで月刊Lalaを買い始めたのですが、その中でもお気に入りなのが「4ジゲン」。定時制高校を舞台としたシュールなギャグ漫画です。
この作者、にざかな氏(二人組です。ネタがにざ氏、絵がかなさん)の前作がこの「B.B.Joker」です。中古ですが、一気に5冊大人買いしてしまいました。


B.B.joker (Jets comics (188))B.B.joker (Jets comics (188))
(1999/06)
にざかな

商品詳細を見る


B.B.joker (2) (Jets comics (198))B.B.joker (2) (Jets comics (198))
(2000/04)
にざかな

商品詳細を見る



もう10年も前の作品なんですね。だから、ポケベルとか出てくるわけだ。<追記>このポケベルネタは原作のにざさんが中学の時のネタだそうです。おかしいとは思ったんですけどね^^;;

この作品の魅力はシュールでバカバカしくて、時には血も涙もない(笑)残酷ネタやオヤジギャグなネタを繊細な少女漫画の絵で描いているところだと思います。このミスマッチが何とも言えません。

「4ジゲン」と同じく基本的に4コマですが、クールでイケメンだけど天然なナンパ師、修さんとか(2巻目表紙参照)、女顔でオカマと呼ばれているが、必死に男らしく振舞おうと空回りする可愛い長谷川君、う○こが大好きで奇怪な言動を発する安藤君とその恋人(?)の美佳ちゃん(1巻目表紙参照)、いつも旦那に恐ろしいイタズラをする奥さんの話、「夫婦な二人」等、多くのシリーズがあります。なかでも「犬になるまで」は某「お父さん」CMの原点のような内容です。
結構強烈なものも多いので一冊読むとかなりトリップな状態になれます(笑)。

はっきり言って好き嫌いの別れるマンガだとは思いますが、この面白さはとにかく読んでみないと判らないので、一度は目を通してみることをお勧めします。



 
「サマーウォーズ」観てきました
といっても、観てきたのは先週の土曜日ですけどね^^;
夕方、6時過ぎの上映だったので、わりと空いていました。


サマーウォーズ


上記の画像は「サマーウォーズ」公式サイトで配布されています。いろいろあるんですが、ここはあえて私のお気に入りのキングカズマの画像で^^

都内の高校生、小磯健二は数学オリンピックの日本代表になりそこね、暇な夏休みを送っていたが、友人の佐久間と薄暗い部室で仮想世界OZのメンテナンスのバイトの最中に、一年先輩の篠原夏希から、バイトの誘いを受け、長野県、上田市にある陣内家の屋敷へ滞在することになった。
そのバイトとは、なんと夏希のフィアンセのふりをすること。やがて、OZのシステムの混乱に巻き込まれた健二と陣内家の人々は世界を混乱に陥れたAI、ラブマシーンと対決することになる。

最先端のシステムと、懐かしい日本の風景の融合というのは、そういえば「電脳コイル」でも行われていましたね。
これはその上に「親戚」という大家族要素を加えた素晴らしい作品でした。

とにかく、面白いです。出来れば予備知識を入れずに観てみてください。
ストーリー的にはスペシャルなほどのご都合主義ですが、あの熱い展開の前ではそんなことは吹き飛んでしまいます。90歳のお祖母さんの凛とした佇まいと、彼女なりの(いかにも日本的な)武器、「人脈」が威力を発するところ、ラストの花札対決、キングカズマの戦闘シーン。見どころを挙げればキリがないんですが、とにかく元気の出てくる映画です。

DVDを待つのもいいですが、きっと映画館で見なかったことを後悔することになると思います。ぜひ映画館で観てください。


 
SSFC-RT
ぼちぼちですが、感想書かせていただいています。
何となく辛口な感想でごめんなさい。
でも、皆さん、本当に描写が上手いなあ。描写苦手な私としては羨ましいかぎりです。
次回のFCでは、雰囲気をがらっと変えたものを出してみたいですね。

まだ新しい小説は書きだしてません。現在、構想中です。(妄想中ともいう)


 
「ショート・ストーリー・ファイトクラブ・リボーン・トライアル」開催されました
18作品が参戦中です。本日より、8月31日、21:00まで投票を受け付けています。


「ショート・ストーリー・ファイトクラブ・リボーン・トライアル」

http://www.ss-fightclub.net/

たかが4000字、されど4000字。この字数で小説を書くのって正直、厳しいですね。
今回もボコボコの予感満載です^^;

プリキュア、今回は久々におバカなウェスターさんが見られて満足です。
来週はなんと、あのオードリーがアニメになってプリキュアと共演しますので、ぜひご覧ください。
それにしても春日、いい男すぎだろ!





 
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。