2009/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
初音ミク-project diva-
娘が最近、これに嵌っています。

初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-(特典なし)初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-(特典なし)
(2009/07/02)
Sony PSP

商品詳細を見る



音ゲーとしてはよく出来ていますよ。ヴィジュアルも大変綺麗です。
しかし、「ラブベリ」から、アケード・ゲームをいろいろ経験してる娘はなかなかの腕ですよ。
もういくつもモジュールの衣装やキャラをゲットしてます。
(カイトだけは絶対無理だと言ってますが。。)
私もやろうとしてみましたが、絶対、無理!
音ゲー、苦手なのです^^;; 指がおっつかねえ!




スポンサーサイト


 
SSFC作品、書けました!
なんだかなあ~という作品ですが、結局、最初のアイディアを使いました。
ラストはかなり変更。
作者ばれ対策は結局、何もできなかったけれど何とかなるでしょう(^^;

この作品を投稿したら、次は「デビィ&レイ」シリーズの新作に取り掛かりたいと思っています。






 
日食、残念ながら
東京はずっと曇りで見られませんでした。
日食グラスは購入しなかった(というより、見かけませんでした)ので、別に損はしてないんですが、なんだかちょっと残念です^^;

さてさて、今日からお題作品、書き始めようかな。自信は皆無です。皆さん、頑張ってね^^


 
やっぱりブーム?
なんでしょうかね?

今期のアニメは見たいものがなかったんですが、とりあえず「化物語」、第一話を観ました。
原作が西尾維新。私はこの人の小説を読んだことはないんですが、アニメの画面はイメージ・ビデオみたいで大変綺麗でした。主人公の暦はヴァンパイアになりかけて助けられた少年らしいですが、まあ、彼はともかくこのアニメは戦場ヶ原というツンドラ(笑)少女をメインにした萌え妖怪退治アニメとみました。狙いすぎたようなセリフが少しカンに障る気がしますが視聴決定は二話目を見てから決めます。

で、またヴァンパイアもの。
こちらは内田春菊のホラー漫画を原作にした学園スプラッター映画です。
思いきりめちゃくちゃですが同じヴァンパイアの恋なら、これくらい馬鹿やったほうが潔い気がしますね。
トレーラーは出血過多なので注意してください。
噴出した血で一瞬にして剣を作るという斬新な技を持った吸血少女はかっこいいです!

「吸血少女 対 少女フランケン」
http://www.ponycanyon.co.jp/Kyuketsu-syojyo/


 
ブーム?
「トワイライト~初恋」というヴァンパイア恋愛映画が春に公開されましたが、ドラマでも「恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ」が始まったようです。視聴率は最悪だとか。
ヴァンパイア恋愛ものは今、ブームなんでしょうか?
まあ、予告編を一度観ただけで観る気は失せますよね。というか、最初から観る気はないですけれど。どうでもいいことですが間に☆が入ってると、「つのだ☆ひろ」とか「ガンダーラ☆ブホテル」とか連想してしまいますね。
ともあれ、うちのヴァンパイアは今のところ、恋愛しそうにはありません^^;

最近、娘の見てる「フレッシュプリキュア!」が楽しみ。
敵のラビリンスの一員だったイース(せつな)が実は4人目のプリキュアと判る今回は、少年スポ根マンガ並みのラブとの熱い拳のぶつけ合いにびっくりでしたよ。
ラブに初めて本音を打ち明け、寿命が尽きて死んだイースは4人目のプリキュア、「キュア・パッション」として生まれ変わりますが、自分を見捨てたラビリンスに戻ることは拒絶。でも敵であっただけに自分自身も素直になることが出来ない。まだ完全に仲間になるまでには紆余曲折がありそうです。
その過程を時間をかけて展開してくれている今回のプリキュア・シリーズは大人にもお薦めしたいところです。


 
イメージ・トレーニング?
SSFC用の作品、いまだにアイディアさえ浮かんでおりません。いろいろと身辺が騒がしいので落ち着いて参加できるのか怪しいところですが、とりあえず頑張ってみます。
「再」って、アイディアが結構限られるんですよね。その中で、どうストーリーを作り上げるか。
ネタはあれでも、どこかで読んだような話は出来れば避けたいところですが、さてさて(^^;?

リボーンだからって家庭教師ヒットマンのパロディとか駄目だしなあ。。
モーテルの主人の話で「再こ」とかも駄目だろうなあ。
そういえば「サイコバトラーなんとか」っていうのがあったけど、あれってサイコな執事の話でしたっけ?

全然関係ないですが、この夏の映画は「サマー・ウォーズ」を見に行く予定です。
「時かけ」の監督なので期待してます^^

<追記>
一応、ストーリーはできました。他に浮かんでこなければこれでいっちゃいます。酷評は確実!(爆





 
「黒執事」第7巻
昔からマンガを読むのが遅いのです。どうしても画面の隅々まで見てしまうのが原因かもしれません。と、いうことで「黒執事」第7巻を読み終えました。

黒執事 7 (Gファンタジーコミックス)黒執事 7 (Gファンタジーコミックス)
(2009/06/27)
枢 やな

商品詳細を見る


今回は「サーカス編」のクライマックス。かなり容赦のない展開がいい感じです。
持病の喘息がぶり返してしまうシエルと、彼を心配し看病するインド貴族コンビや、女団員を誘惑し、陥落させる悪魔らしいセバスチャンもいいですが、サーカスのパトロンであり、子供連続誘拐の黒幕であるケルヴィン男爵のキャラがなかなかいいですね。

慈善家だったケルヴィン男爵が「美しく邪悪」であるファントムファイブ家の人々に出会い、憧れ、狂気に落ちていく過程や心情は作者あとがきを見ればだいぶ追加されたようですが、まだまだ物足りない気がします。思い切って一冊費やしてもよかった気もしますが、それでは納得しない読者の方もいるかな。難しいところです。

次の8巻はファントムファイブ家の(役立たずの)使用人達の本来の姿が明らかになりますね。アニメでは既に公表済みでしたが。サーカスの団員たちも個性派ぞろいで魅力的だったのですが、悲惨な最期を迎えそうですね。ちょっと残念な気もしますが。でも楽しみです。





 
「ショート・ストーリー・ファイトクラブ・リボーン・トライアル」が開催されます!
2年間の沈黙を破り、SSFC(ショート・ストーリー・ファイトクラブ)が再び始動しました!

再生企画として本日より「ショート・ストーリー・ファイトクラブ・リボーン・トライアル」が開催されます。
本日より7月20日までエントリーを受け付けています。かつてのSSFC同様、作品の長さは4000文字以内です。
テーマは『再』。ジャンルは問いません。

かつての常連だった方。噂には聞いていたけどという方。
歯に衣着せぬ批評、感想が欲しい方、ぜひエントリーしてください!
詳しい開催内容はこちらから。

「ショート・ストーリー・ファイトクラブ・リボーン・トライアル」
http://www.ss-fightclub.net/

皆様のご参加をお待ちしております。


 
早いもので七月です
夏休みももうすぐ。また微妙に忙しくなりそうです。
今、購入予定のコミックスは「黒執事」第7巻、「夏目友人帳」第8巻、「ニャンコ徒然帳」。
読書中は加納朋子「スペース」。こちらは文庫版が出たので。

「黒執事」はアニメ第二期決定とのこと。
あのラストでてっきりシエルは魂を取られたと思ったのですが、どうやって繋げていくつもりなのか興味があります。

執筆予定は「デビィ&レイ」新作と、SSFC-RTの投稿作品。
その前に「チャレンジカップ」の感想レスを終わらせなくちゃ^^;







 
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。