2008/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
夏休みです^^;
この間、さっそくディズニーランドに行ってぐだぐだになって帰ってきました。
夏休みでしかも三連休なんて時に行くところじゃありませんよねえ(^^;;
もう後は映画しか行かないぞ! と心に決めておりますが、さてどうなることか。

最近は小説を書いても投稿する場所が少なくなりました。多くの方に読んでもらいたいけれど、なかなか難しいです。今はケータイ小説が主流らしいですが、私はあの小さな画面で小説を読むこと自体が苦痛ですし、ケータイ小説独特の書き方も好きじゃありません。
娘が最近、ある漫画のノベライズ小説を初めて買ったのをちらっと見てみたのですが、なかなかインパクトがありますね~。
あえてタイトルは書きませんが、普通に小説を書かれている方が見たら噴飯ものかもしれません。

「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」(悲鳴)
「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!」(雄叫び)
シュパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!(ァはもっと多いです)

と、こういうのが普通にいっぱい出てきます。
う~ん。漫画の小説化ですから、こういう表現もありなんだろうし、しかたがないんでしょうね。
でも、これを読んだ人達が勘違いして小説を書き出したら、ちょっとなあと思いました。
でもジュニア向けのものっていろいろと勉強になりますよね^^
スポンサーサイト


 
明日から夏休みですよ^^;;
40日……あああ、長いなあ^^;;
実は今日は近場に一泊してきます。遅かったからホテルとか空きがないし、高いし、今日はぎりぎりで安いんですよ。まあメインは明日ですからね。むちゃくちゃ疲れそうなんですがorz

最近、テレビで見たものの話

「ゲド戦記」
公開時、めちゃめちゃに評判が悪かった宮崎(の息子)アニメです。
話としては一応まとまってはいるんだけど、いろいろ問題ありですねえ。

1.たぶん原作未読のせいでしょうが、世界観(世界が衰退し、人心が荒廃している理由など)が判りずらい。真の名というのは何なのかとか、そういう最低限の説明は欲しい。
2.登場人物に魅力がない。
3.ストーリー全体が地味。
4.主人公のアレンの中の「もう一人の自分」が父親を殺してしまうのですが、そこに至るまでの心の葛藤の描写等がないために、アレンの言い訳がよくある殺人犯のいい加減な言い訳にしか聞こえない。
5.結局、クモは何がしたかったのか? アレンを操っていたのは彼女なのか?
6.敵の手下の数が数人しかいないのが、いかにも手抜きっぽくてしょぼい。

全体的に劣化した宮崎アニメの模倣品にしか見えませんでした。

「スパイダー・パニック!」
特に何の期待もせずに見たB級パニック・ホラー
産業廃棄物のドラム缶が沼に落っこちたために、沼のほとりで変人おじさんの飼っていたペットのクモ達が巨大化して次々に人を襲う。逃げ回る人々はショッピング・センターに立てこもり、侵入してきたクモと壮絶な(?)戦いを展開する、というよくある展開ですが、CGのクモさん達が、それぞれの種類にあった動きをしている(トタテグモは地面に穴を掘って蓋のそばを通る獲物を引っ張り込むとか、ハエトリグモのジャンプとか)のが面白い。ところどころコミカルな場面もあるし、怖いというより笑えるホラーでした。私は下手なA級作品よりこういうのが好きなんですよねえ。立てこもり系なら、確実に「ミスト」より面白いんじゃないかと。

いわゆるスプラッタな場面は皆無ですが、結構スリルはあります。何となく襲われている人に悲壮感がないのはあれですが、気楽に見るにはちょうどいいですね。
特にラスト、意外なことに定番展開(一番悪い奴が最後に無残に殺されるとか、全てやっつけたはずなのに、実は……とか)がさらっと避けられていて、ハッピーエンドだったところも高評価。
クモおたくの少年を初めとした登場人物もバランスが取れています。


「学校じゃ教えられない!」
娘が見たがったので見たんですが……ひえええ。こういうのは深夜にやってください。
男のひとり○のシーンなんか説明できないじゃないかよ~orz
基本的には「明るい先生がやる気のない生徒を社交ダンスを通じて成長させる」がテーマなんだろうけど、満載な下ネタに閉口します。(銀ちゃんなら許せるんだけどね~)
ストーリー自体もありえないし、面白くないのでとりあえず、一回で視聴中止です。


 
デビィ&レイ最新作「七月の夜、臆病な嘘」をアップしました。
デビィ&レイの最新作。時系列的には「揺れる月~」の後に位置するエピソードです。38枚と短めですので、お気軽にお読みください^^

「七月の夜、臆病な嘘」
http://homepage3.nifty.com/marple2004/shitigatu1.html


 
真・ショートショート・コンテスト第7回本選が開催中です
八雲さん主宰のSSコンテスト、第7回本選が開催中です。
全部で3作品が参戦中。短いのですぐ読めます!

投票は7月29日までです。
読んだ方はぜひ投票をお願いします!
クイック投票や感想もぜひ♪

「真・ショートショート・コンテスト」
http://ssscontest.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/zeroform/honsen_main.cgi

また、作品も受付中です! 最近、投稿数が減ってきていますのでぜひ!
これは面白い!という作品が書けた方は下記のトップページからログインしてご投稿ください。

http://ssscontest.web.infoseek.co.jp/index.html



 
火曜日の「ミリオン家族」を見ていたら
小学生のパパさんが小学生レベルの問題を100問解けたら100万円という企画「ミリオンパパ」にメフィスト賞作家の矢野龍王氏が出場されてました。これがかなり難しい企画で、本当に簡単な問題なのですが、緊張とあせりのためか引っかかって脱落するパパさんが大勢いらっしゃいます。

矢野氏はミステリ作家の面目躍如と言ったところであと数問というところまで単独で勝ち残りましたが、「どんぐりころころ」の歌詞問題(これってよくクイズ番組に出るんです。引っ掛け問題ですよね)でアウト。
後でブログを覗かせていただきましたが、この番組、収録は三月の終わり。電車で片道3時間かけて息子さんと二人で出場なさったそうです。ココリコと話せて楽しかったと書かれていました。

この方の作品は実は読んだことがないんですが、本当にご多忙で大変だなあと思いました。矢野さん、頑張ってください!と陰ながら応援させていただきます。



余談ですが、先週の「銀魂」の便所掃除話には爆笑でした。後半がもろに「ナウシカ」パロディで、これ、宮崎駿さんに怒られないんでしょうかと心配になっちゃいます。見てるほうは楽しいからどんどんやっちゃって下さいって感じですけどね^^
得に近藤さんの顔の王蟲と沖田の巨神兵、ナウシカの土方には思い切り笑わせていただきましたわ。




 
「ハプニング」のブログパーツ
面白いものを見つけました。「シックス・センス」のシャマラン監督の最新作「ハプニング」のブログ・パーツです。貼ってみましたので何はともあれ、クリックしてみてください。公式サイトで配布されています。

<追記>
何だか結構、重いのでブログパーツを外しました。試してみたい方、設置してみたい方は公式サイトにどうぞ^^

この監督って、結局は「オチ」重視の人ですよね。まあ、「シックス・センス」だってショート・ショートなどでは使い古されたオチなんですが、ショッキングではいけれどもの悲しげな霊の描き方が何となく好きでした。今回の新作はある日当然に一般の人々が何の理由もなく突然死したり、自殺を始める、という興味深いストーリー。さて、どんなオチで来るか、それだけが楽しみ。いや、でも「Xファイル」系のオチだったら何だか興ざめしちゃいますけどね。(いやでもまさかデス・ノートじゃないよね?)

ところで。「ヴィレッジ」は未見なんですが、面白いですか?


 
が~ん(><;)
先週の「サラリーマンNEO」を見逃したので、BS2で録画することにしました。BS、実はケーブルじゃ見れないと思ってたら見れるじゃないですか! 今まで知らなかった^^;
で、ついでに新しいミス・マープルシリーズも録画しようかな~とか思ったら、放送が終了していました。。ううう、「スリーピング・マーダー」とか「親指のうずき」とか見たかったのに~。こうなったら、再放送かDVDを待ちます。

新作、「デビィ&レイ」そろそろ取り掛かる予定です。レイがメインでデビィはあまり出ないかも。ちょっと遊んだ作品になればいいなと思ってます。


 
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。