2008/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
えええええっ、あれは農薬入り餃子だったかも!?
昨日はびっくりしました。
JTの冷凍食品の餃子で被害者が出たというニュース。何気なく観ていたら、つい一週間ほど前に冷凍庫の中にあったものと同じじゃないですか!(20個入りのほう)
ずいぶん前に買ってあって忘れていて、食べようかなと出してみたら、賞味期限切れだったので捨てちゃったんです。

ああ、食べなくってよかった~。
それにしても、最近、食品が怖いですねえ。怖がってばかりいたら何も食べるものがなくなってしまうしなあ。弱ったものです。。
スポンサーサイト


 
何だか
いろんな意味で落ち込み中^^;
ま、ようするに始めちゃえばどうってことないんですよ、きっと。

でもねえ、つくづくミステリの才能はないなあと思いますよ。読むのは大好きなんですけれどね。本格ミステリ書ける方が羨ましい。
でもって、なぜかミステリ倶楽部に入ってるんだから、ずうずうしいですよね、私は(笑
まあ、ホラーも広義のミステリってことで(いいのか
とにかく近日中に新作に取り掛かります。私の場合はどうも書き出さなくちゃ駄目みたいなので。

久々にクリスティの原作映画が上映されてますね。「ゼロ時間へ」が原作の「ゼロ時間の謎」、いつもどおりDVDが出るまで我慢です。原作はクリスティ作品としては凡作ですが、映画はどうでしょうか? ポアロやマープルが出てくるわけじゃないから地味かもですね。

で、今日は同じくクリスティの「親指のうずき」が原作の「奥様は名探偵」を借りてきました♪
原作はまぎれもなく傑作ですがフランス映画ですし、トミー&タペンスも名前が変わってますが、さて、どうかな? 絵的にはお洒落な感じがしますが。
来週中に感想をアップします。


 
「ザ・グリード」と「レミーのおいしいレストラン」
ネタばれあります。観てない方は要注意。


「ザ・グリード」
ホラー大好きな私ですが、なぜか今まで見逃していたのが、この映画。
地上放送だったので、見たのですが、これが意外に面白かったです。
タイタニックを思わせる豪華客船がパーティの最中に突然、何者かの仕業で制御不能状態に。そこに深海から現れたとてつもない怪物が船に穴を開けて入り込み、乗客3000人を食い殺してしまう。(船が突然傾いて乗客が大パニックの場面はありますが、残念ながら怪物の大量殺戮の映像はありません^^;)

そこに傭兵を輸送していた密輸船の乗組員が事故を起こし、乗り込んできて……、で後は彼らと生き残った三人の客船乗客と怪物との「食うか食われるか」もとい「食われるか食われるか」(爆)の戦いになるのですが、ときおり(ブラックな)ユーモアを交えて展開されるスピーディなストーリーと怪物の造詣の良さ、変に場面を暗くして誤魔化すことのないホラー場面(このへんは高評価)、典型的ながら親しみの持てる登場人物(何事にも動じない密輸船の船長フィネガン、盗みがばれて監禁されていたため助かった美しい女泥棒トリリアン、船長の友人の整備士でお調子者のバントゥーチ)のキャラが立っているところも好印象。しっかり悪人だけ食い殺されていくので安心して観られます(?)

☆お気に入りのセリフ
「俺を餌にするなあああっ!」byバントゥーチ(ってか、水の中で普通に会話するなよ、ちみたち(爆

ラストは「2」があるんじゃないかと思わせるものだったんですが、残念ながら「2」は製作されなかったようです。あれば観たかったなあ。

「レミーのおいしいレストラン」

いわずと知れたディズニーのファミリー向け映画。
ネズミの主人公、レミーの視点から見た前半部の展開が面白かったです。素晴らしい嗅覚と味覚を持ち、文字を読むことが出来るネズミのレミーは伝説のシェフ、グストーの本を読んで料理を覚え、グストーのレストランで働く雑用係のリングイニと出会い、彼を操縦して(なんとシェフ帽の中で彼の髪の毛をレバーにして操縦。ここ、笑えました)、パリで一番のシェフになることに成功するが……。

リングイニの恋人、コレットと共に数々の妨害を乗り越え、ついに「ネズミの」シェフとして認められるレミー。ディズニー映画らしいほんわかとしたラストでしたが、私としてはリングイニが自分からまったく料理を覚えようとしないのが凄く気になりました。まあ、彼はあくまでもレミーのロボット的役割ですから仕方がないですけどね。


 
年末とかお正月とかに観た映画の感想です
何となくホラーが観たい今日この頃。また面白そうなの借りてこようかなあ。
というわけで、映画の感想などぽつぽつと軽くいってみます。

「劇場版BLEACH ザ・ダイヤモンドダスト・リベリオン<もうひとつの氷輪丸>」
(ネタばれあります)

娘と初日に観てまいりました。劇場版第二作は主人公一護の次にというか、おそらく一番人気の死神、日番谷冬獅郎中心のお話。数十年に一度、遷移される「王印」が輸送途中に強奪され、敵の一人と戦った冬獅郎はそのまま行方不明に。現世で一護に助けられた冬獅郎はまた何処かに姿を消してしまう。

実は王印を盗んだのは冬獅郎のかつての親友で非業の死を遂げた草冠宗次郎。彼は王印の力と融合しソウル・ソサエティを破壊する為、何処から連れてきたのか一切不明な二人の少女、インとヤン(この二人のキャラデザインがいい!)と共に一護達と壮絶な戦いを繰り広げる。

今回はとにかくバトル・シーンが多いので、ストーリーは二の次。何も考えずに死神達や一護の仲間達の活躍を眺めていればオーケー。絵はとても綺麗ですし、見終わってもう一回観たいと思いました。敵の草冠は本当は気の毒な死神なのですが、何だか嫌なキャラなので下手な同情はしなくてすみます(笑) ラストには氷の竜になっちゃいますしね。何だかドラクエみたいだ。
それにしても「BLEACH」はキャラの数が半端なく多いので、どのキャラを活躍させるかは悩むところでしょうね。個人的には今回は前回まるで出番がなかった雨竜とチャドの見せ場が(ちょっとですが)あったのがよかったです。

「トランスフォーマー」
そこそこ面白かったです。が、私的にはあのロボットのデザインは好きじゃないなあ。何だか骨組みが剥き出しなのが美的じゃない。
でもって、バトル・シーンで二体が戦うとこなんてごちゃごちゃした金属スクラップが絡まって転がってるみたいで何がなにやら(苦笑


 
「真・ショートショートコンテスト」再開後第二回開催!
八雲さん主宰のSSコンテスト、再開後第二回が開催中です。
全部で6作品が参戦中。短いのですぐ読めます!
個人的見解ですが、今回はなかなかの傑作揃いですよ(何を偉そうに(^^;

投票は2月6日までです。
読んだ方はぜひ投票をお願いします!
クイック投票や感想もぜひ♪

「真・ショートショート・コンテスト」
http://ssscontest.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/zeroform/honsen_main.cgi

また、第三回の作品も受付中です!
これは面白い!という作品が書けた方は下記のトップページからログインしてご投稿ください。

http://ssscontest.web.infoseek.co.jp/index.html


 
明けましておめでとうございます
本年もまったりと更新していきますので、よろしくお願いいたします(^^)
昨日は初詣でめっちゃ疲れました。。
何だか身体が痛い……。
おまけに年末にWiiを買ったので、毎日やらされてます。結構くたびれます(^^;)

とりあえず今年も面白い小説が書けますように♪

本日は実家へ帰りますので次の更新は五日以降になります。


 
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。