2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
FC2カウンター
蝶が舞うリースの時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
「塔の上のラプンツェル」観てきました
娘が春休みに入ったので、久しぶりに映画を観に行きました。
ディズニー・アニメ50作記念作品です。以下、ネタばれありますので未見の方はご注意を。

rapunzel.jpg

昔々、人を若返らせる不思議な力を持つ金色の花を見つけた老婆ゴーテルは、その花に魔法の歌を歌っては若返り、カゴで覆って隠していた。何世紀もたった頃、近くに出来た王国の王女が妊娠中に重い病気に罹り、魔法の花は王の兵隊に見つかってしまう。王女はその花のスープを飲んで回復し、美しい金の髪の赤ん坊を産んだ。彼女の名はラプンツェル。
老婆は城に忍び込み、赤ん坊の髪を一束切ったが、その途端、髪は黒っぽく変色して魔法の力を失ってしまったため、彼女を誘拐してしまう。
外は危険だからと高い塔に閉じ込められたラプンツェルは、美しく、聡明な娘に成長した。外の世界に憧れる彼女は自分の誕生日に空に現れる無数の灯りの正体を知りたくて、ゴーテルに嘆願するが、お前は永遠に塔からは出られないと言われて落ち込んでしまう。
ある日、お城の宝物であるティアラを盗んだ盗賊、フリン・ライダーが衛兵に追われて塔に忍び込んできた。フリンをフライパンで気絶させたラプンツェルは彼と取引する。灯りを見に外へ連れて行ってくれたらティアラを返してあげると。フリンと共に生まれて初めて外に出た彼女の冒険が始まる。

3Dなので、少々目は疲れますが映像は美しいし、ディズニー映画らしいミュージカルシーンがとにかく楽しい。一見、怖そうな盗族たちが次々と自分の夢を語りだす場面は特に秀逸です。
脇役ですが、フリンを捕えることに執念を燃やす警護隊長の馬のマキシマムがいい味出してます! 馬とういうか、本当は犬なんじゃないかと思う鼻のよさなんですが。動物キャラの扱い方はさすがに上手いですね。
 
私が観たのは吹き替え版だったので、ラプンツェル役は中川翔子さん。しょこたんですね。普通の声優さんと言っていいほど上手い! ただし、歌の場面は小此木麻里さんが吹き替えています。魔女(?)ゴーテルの吹き替えは剣幸(つるぎ・みゆき)さん。ああ、懐かしいなあ。昔、友人が大好きで、よく付き合いで剣さんがトップスターだった頃宝塚を観に行ってたんです。凄みさえ感じさせる堂々とした声と歌は彼女ならでは。字幕版もいいけれど、子供連れなら吹き替え版がお勧めです。

ストーリー的には単純なので、特に言及することはないのですが、これは女性の母親からの独立の寓話ですね。もともとの「ラプンツェルの物語」はもっと生々しいものですけれど。
フリンと出会って最初のうちは母親(ゴーテル)のことを思いやっていた彼女も最後には、母親の死すら悲しまなくなる。18歳という年齢も、アメリカでは高校を卒業して親から独立する年齢なのですよね。
実をいえば悪い魔女として描かれているゴーテルがそんなに悪人には思えなかったので、少々モヤモヤした者が残ったのも確かです。だって、彼女に音楽を教えたり、絵を教えたり、料理や編み物まで教えているし(本は三冊しか与えていなかったけれど)、自分の私利私欲の為が確かに根底にはありますが、彼女は彼女なりにラプンツェルを愛していたんじゃないかなあ。もし虐待されていればあんなにいい娘には育たなかったはずですから。だから、ラストでは少しでもゴーテルのことを思いやる描写が欲しかったなあと思ったりしました。

スポンサーサイト


 
『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』観に行ってきました
201004261232000.jpg

土曜日に親子三人で行ってきました。上の画像はパンフと買わされたグッズです。ってか、高杉ばっかじゃないか、娘よ! 銀さんは下に隠れてるバンダナのみ。可愛いんですよ~。

で、さっそく映画の感想ですが、しょっぱなから、例によって例のごとく万事屋の看板映像に会話のみ、ここでさっそく配給元のワーナー・ブラザーズをいじくるのはさすが銀魂というところですね。さて、オープニング二回やり直し(笑)ののちに始まった本編。ストーリー的には原作の流れを変えていないので、まったく違う展開を期待して行くとちょっとがっかりするかもしれません。

パンフレットによると一から書き直したのは全体の半分くらい、残りはテレビシリーズから作画を使っていますが色、背景などは全部やり直してるそうです。
このあたりは単なるテレビシリーズの再構成だった「宇宙戦艦ヤマト」などとは違うところですね。

CMに出てきた神威などは本当にちょい役でした。真選組もそれほど出番はありませんでしたが、局長のかっこいい素振りが実は、がまんまテレビのノリで、ある意味安心しました(何

でも、今までのエピソードの中で一番好きだった「紅桜篇」が大スクリーンで観られるのは感激です。
殺陣のシーンの迫力はテレビじゃ味わえません。特に「バクチ・ダンサー」のテーマ曲が流れ、銀ちゃんと桂が春雨相手に暴れまわるシーンは出色の出来です。

本編が終わったかと思ったら、始まるグダグダ展開がこれまた銀魂らしいです。偽の劇場版第二弾予告があるわ、本編に出られなかった人達が次々登場するわ、挙句の果てにはワーさんとナーさん兄弟(神楽言うところのワーナー・ブラザーズ)がクレームをつけにやってくるわで、最後まで楽しませていただきました。

余談ですが最近、日曜劇場の「新参者」を観ています。初回から面白いドラマだなとは思っていましたが、昨日になってようやく原作が東野圭吾だと気が付きました。どうりで面白いはずです。っていうか、この小説って去年出版されたばかりですよね。凄いなあ。まだ文庫版も出ていないのに。(ちょっと皮肉入ってます)
それにしてもどんだけ才能があるんですかねえ。羨ましい。

ドラマといえば、NHKの土曜ドラマ、「チェイス~国税査察官」が面白いです!
国税査察官の主人公、春馬と天才脱税コンサルタント、村雲の運命が思わぬ形で交錯し、対決に向かっていく展開に目が離せません。ちょっと春馬の娘の心理状態に疑問が残りましたが、残りあと四回、楽しみです。




 
『アバター』3D観てきました
遅ればせながら、エポックメイキングな作品と聞いて、観てきました。
3Dメガネはメガネの上から掛けたのですが、ストラップ調節が出来るタイプだったので助かりました。
しかし、親子三人で5500円はきついですねえ^^;

avatar.jpg

ストーリーその他はもうさんざん語られてるので、省略します。
ただ、他の星に行っても、何故か地球軍はしっかり米軍で、海兵隊なんだなあと(笑

3D初体験だったので、立体的な映像は新鮮でした。それほど目新しいわけではないんですが、「パンドラ」の世界設定に基づく動植物の造形は素晴らしかったです。ジブリ作品の影響を受けているところもよく判りました。ただ、色は全体的に暗めだったので、純粋に色彩を楽しみたい方は2Dのほうがいいかと。疲れませんし。

それと、この3D方式、なんと4種類もあるそうです。これからご覧になる方は、それを調べてからいったほうがいいかもしれません。このブログの管理人さんは、なんと4方式全部の比較を書いておられます。ご参考になさってください。

『アバター』3D全方式完全制覇レビュー
http://itsa.blog.so-net.ne.jp/2010-01-15

ええっと、私が観たのは一番評判の悪い方式だったようです^^;

シガ二ー・ウィーバーの扮する植物学者、グレースが素敵でした。でも、彼女は途中で死んでしまうのですよね。しかもその場面を見て、しっかりラスト・シーンの予測がついてしまったのはいいのか、悪いのか。


最近、娘が買い始めたコミックス、「ギャグマンガ日和」に嵌ってます。アニメにもなってますが、これは面白い。いや、以前から知ってたんですが、こんなに面白いとは思ってなかったですよ。っていうか、あんまり好きじゃなかったんですよ。しかしながら、人気キャラにはなるほど萌え要素もあったりで、改めて『萌え』ってなんだろうかって考えてしまいましたよ。我ながら不思議です。


 
「ターミネーター4」
初めに。
拙作「TRAP OR TREAT」の簡易感想にポチしてくださった方、ありがとうございました。
読んでいただけていると思うと大変励みになります^^

ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/11/20)
クリスチャン・ベイルサム・ワーシントン

商品詳細を見る


DVDが発売になったのでさっそく借りてきました。
(以下、ネタばれあります)

時は2018年。核戦争で荒廃した世界は、人工知能搭載のスーパーコンピューター“スカイネット”に支配されていた。生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに備えていた。部隊のリーダーであるジョン・コナーは、“スカイネット”がやがて自分の父親となるカイル・リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく生き抜く少年カイルは、核戦争のことも、今が何年かさえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。
<あらすじはgoo映画より>

物語は死刑囚のマーカスが科学者の女性と契約し、死刑執行(?)されるところから始まります。
機械の身体に人間の脳と心臓を持つマーカスの話を中心にして話は進みますが、今回のストーリーはわりと単純だったかな。何となく先が読めてしまいます。
人間の心を持ったマーカスは途中で出会った女戦士ブレアと出会い、恋に落ちます。この後、コナーに捕えられて初めて自分の正体に気付くわけですが、このへんは辛い話ですね。

機械軍に捕えられたカイルを救うため、マーカスとジョン・コナーはスカイネットに潜入しますが……。

ラストのあのオチ、ああ、その為にマーカスには心臓が残ってたのね~と思ってなんだか複雑な気持ち。マーカス、なかなかいいキャラなのに(途中まで利用されてたとしてもね)。結局はジョン・コナーを救うためにだけ登場したんですね。まあ、本人は満足そうだからそれはそれでいいのかもしれないけれど。

今回は色々なタイプのターミネーターが登場しますが、水の中にいたウミヘビタイプの奴。ああいうのいっちばん嫌ですねえ。なんか動きがウネウネしてて気持ち悪いです。
それから、観てて思ったのですが、コナーとマーカス。髪型同じだしよく似てるんです。どちらかといえばコナーが面長でマーカスががっちりタイプなんですけど動いてるとどっちがどっちか判らなくて何回か巻きもどしてみたり。紛らわしいからどっちか長髪とかにしてくれればいいのにね。

話としては面白かったです。核爆発でヘリが吹っ飛ばされないとかいろいろツッコミどころはありますけれど。後は、ターミネーターを感知する? という少女、スターの能力が判りにくかったです。もっと判りやすい超能力を持ってればよかったのにねえ。




 
またまた観たい映画など
最近のホラー映画は「ソウ」に代表されるようなただ残酷場面を見せる作品が多いような気がします。
しかしながら私が観たいのはサム・ライミの「スペル」だったりします。どちらにしてもDVDですが。
あの「死霊のはらわた」のノリがあればいいんですけどね。

「2012」はとにかくCG映像が凄そうなのですが、ラストは主人公一家と金持ちとG8の人達以外は生き残れないような中身のない(ある意味現実的?)話らしいので、観にはいかないかなあ。

近日公開のこの作品「ビッグ・バグス・パニック」は何となくあの隠れた傑作「スパイダー・パニック!」的な匂いがするので、ちょっと期待してます。B級なのに無駄にSFXがいいじゃないですか。
でも、虫嫌いな方は観ないほうがいいですよ!





 
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。